MENU
壊れにくいエアコンメーカー新旧モデルを紹介!!詳しくはこちら

ハイセンスのテレビは壊れやすい?口コミや評判をアンケート調査

ハイセンスのテレビは壊れやすい?口コミや評判をアンケート調査
Amazon キャンペーン開催中!

Amazon 最大10%ポイント還元

amazon_sale
合計10,000円以上の買い物を対象にポイント還元率がアップ!
2024年6月24日(月)23時59分まで
キャンペーン詳細ページを見る

こちらはハイセンスの4Kチューナー内蔵テレビ(55V型)です。

高画質でリモコン操作も良く4年経った今でも不具合なく視聴できています。

しかし、ハイセンスのような海外メーカーは不具合や故障が心配で購入をためらってしまう人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回はハイセンスのテレビを使用している方々にアンケートを取り、壊れやすいのか口コミを調査してみました。

ハイセンスのテレビを検討中の人はぜひ参考にしてみてください。

保有資格 
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
日本FP協会 AFP 登録
AFP
日本FP協会ホームページ

プロフィール

家電製品に詳しいファイナンシャルプランナー。
耐久性や省エネ性能を第一に、コスパの高い商品を選択し執筆しています。
物価上昇に伴い家電製品の価格も変化しています。
無駄を省いたお買い物ができるよう、お手伝いできれば嬉しいです。

好きなとこだけ読む

ハイセンスのテレビは壊れやすい?口コミや評判をアンケート調査

ハイセンスのテレビは壊れやすい?口コミや評判をアンケート調査

今回のアンケートではハイセンスのテレビを利用している126人にWEBアンケートを取り実際に壊れやすいのか不具合の有無を調査してみました。

利用しているテレビ
  • 有機ELテレビ・・・2人
  • 4Kテレビ・・・93人
  • ハイビジョンテレビ・・・31人
対象者:ハイセンスのテレビを利用している126人
不具合や故障票数
ない116人
ある10人
アンケート詳細

調査方法:Webアンケート(クラウドワークス)
実施期間:2023年9月~12月
対象者:ハイセンスのテレビを利用している126人

不具合事例
  • インターネットに接続されない・・・2件
  • 映像が乱れる・・・2件
  • 画面が割れていた・・・4件
  • 画面が真っ暗になった・・・2件

インターネットに接続されない・・・2件

35歳 男性 会社員

購入商品:50型 4Kテレビ 50U7H
4.0

画質や音質は問題ありませんが、たまにインターネットに接続されないことがあります。少しすると繋がりますが気になる点です。

最近のテレビはハイセンスに限らずキャッシュが溜まり動作が遅くなることがあります。

そんなときはキャッシュクリアをすればテレビ全体の動作が軽くなります。
※テレビを初期化すればキャッシュもクリアされます。

テレビの初期化は他の設定も初期化されてしまうこともあるので、最後の手段にとっておきましょう。

40歳 男性 会社員

購入商品:50型 4Kテレビ 43A6H
5.0
たまにインターネットが繋がらないことがありテレビの不具合と思っていましたが、楽天ひかりからauひかりに変えたら安定するようになりました。テレビは関係なかったようです。

楽天ひかりはNTTの光回線を使用して独自サービスとしてインターネットを提供しています。

そのため回線が混み合う時間帯は接続が不安定になることがあります。

一方でNURO光auひかりは独自回線を使用しているので混み合う時間帯もストレスなく利用できるというメリットがあります。

映像が乱れる・・・2件

39歳 男性 会社員

購入商品:55型 4Kテレビ 55A6H
3.0
1年くらいで映像が乱れるようになりました。
次の日になるとちゃんと見れますが故障かどうか判断できないので、今度乱れることがあったら修理に出そうと思います。

この事例は基盤の不具合電波信号が関係している可能性があります。

基盤自体の不具合であれば交換すれば直りますが、電波信号による不具合は適切な信号レベルに調節する装置の取り付けが必要です。

アッテネーター(減衰器)
アッテネーター(減衰器)

アッテネーター(減衰器)ブースター(増幅器)といわれる装置を宅内のアンテナに取り付けます。

画面が割れていた・・・4件

テレビでも画面割れ
29歳 男性 会社員

購入商品:43型 4Kテレビ 43A6H
3.0
テレビが届いたら画面が割れてました。
交換してもらいましたが、初めてのことだったので驚きました。

画面割れは配送時のトラブル等でまれに起こります。
液晶パネルは衝撃に弱いので、届いた商品に画面割れキズがあったときは返品・交換しましょう。

テレビは画面をに立てた状態で視聴するように設計されています。
そのため、画面を横にした状態で運搬、模様替え等で動かすと不具合や故障に繋がることも考えられます。

ですので、テレビを運ぶ際はスタンドが下になるように立てた状態で運ぶようにしましょう。

画面が真っ暗になった・・・2件

40歳 男性 自営業

購入商品:50型 4Kテレビ 50A6H
2.0
1年ほどして突然画面が暗くなったり真っ暗になることがあり最後は電源が付かなくなりました。保証期間内でしたので基盤を交換してもらい直りました。

ハイセンスは3年間のメーカー保証が付いています。
ちょっとでも異変を感じたら修理を依頼しましょう。
※スマートフォンで不具合状況を撮影または動画で保存しておけば症状を伝えやすいです。


このように126人中10人は不具合や故障が見られました。

ですが、その他の人は不具合や故障もなく使用できているのでハイセンスのテレビは特段壊れやすいということはありません。

ハイセンスのテレビが壊れやすいと思われている理由

43E6K
E6Kシリーズ(43E6K

前の章では実際にハイセンスのテレビを利用している方々にアンケートを取り、壊れやすいのか調査してみました。

実際はそこまで壊れやすいということはなく許容範囲ではないかと思われます。

ではどうしてハイセンスのテレビが壊れやすいと思われているのか?

それは以下の理由が考えられます。

壊れやすいと思われている理由
  • 中国製のため壊れやすい
  • 生産数が多いため壊れやすい
  • 低価格のため壊れやすい

中国製のため壊れやすい

中国製はなんとなく粗悪品、壊れやすいというイメージがあります。

しかし、国内で販売されている家電製品の多くは中国で製造されているので一概に中国製だから粗悪品ということはありません。

もしかしたら、30数年前のブラウン管時代の名残りで「中国製は壊れやすい」という印象が根付いているのかもしれません。

生産数が多いため壊れやすい

ハイセンスのテレビは世界第2位の出荷台数を誇ります。その分口コミ数も多くなるので不具合や故障事例を目にする機会が増えます。

そのためハイセンスのテレビは壊れやすいのでは?と思われているのかもしれません。

低価格のため壊れやすい

ハイセンスのテレビは国内メーカーと比べて低価格で販売されています。

そのため「安いから壊れやすい」このように思われている人も多いかもしれません。

実際はハイセンスのテレビが安いからといって壊れやすいということはありません。

ハイセンスは中国、南アフリカ、メキシコなど世界34ヶ所に製造拠点を設けています。

国内メーカーは液晶パネルやテレビの部品は海外製のものが多く、ほとんどが海外で組み立てられています。

国内メーカーは自社生産できないので、外注コストがかかりテレビの価格も上がってしまうということです。


このようにハイセンスのテレビが壊れやすいと思われている点は幾つか挙げられます。

ですが、どれも事実に基づいたウワサではなく中国製だからという偏見から生まれているものもあります。

実際は自社生産でコストを抑え、東芝REGZAの技術を活かして高品質なテレビを開発しています。

ですので、ハイセンスのテレビだから壊れやすいということはないので大丈夫です。

では続いてハイセンスのテレビが高品質な理由を見てみましょう。

ハイセンスのテレビが壊れにくい理由

ハイセンスのテレビが壊れにくい理由

ハイセンスのテレビが壊れにくいのには理由があります。

壊れにくい理由
  • 技術力の向上
  • 品質面の向上
  • 検品体制の徹底

技術力の向上

2018年・・・ハイセンスは日本の企業「東芝映像ソリューション」を買収したことでより高性能なテレビの開発に取り組んでいます。

2021年・・・先端技術総合研究所(JRD)を創設して最先端の製品開発に注力しています。

ブランドはハイセンス、技術は東芝REGZA。グローバルな広い販売網をもつハイセンスに東芝REGZAの高い技術力が加わったことで、より高品質な製品開発が行えるようになりました。

品質面の向上

2019年・・・日本国内に品質保証部を新設しました。この部署は消費者からの問い合わせに対して対応する側面と消費者の意見に耳を傾け、今後の製品開発に活かすことを目的に開設されました。

2020年設立 関東サービスセンター(埼玉県新座市)
2021年設立 関西サービスセンター(大阪府大阪市西成区)

より良い製品開発が行えるように消費者の目線に立った体制を整えることで、品質の向上を目指しています。

検品体制の徹底

ハイセンスは日本だけではなく世界160ヵ国以上の国や地域で販売されています。
テレビは世界第2位の販売台数を誇ります。
そのため、過去の膨大な情報を精査して、検品体制もしっかりと整えられています。

このようにハイセンスの4Kテレビは東芝REGZAの技術を取り入れて、品質向上に務めています。
またサービスセンターを東西に構え、迅速な対応ができるよう問い合わせ窓口を開設しています。


中国製のテレビは品質が悪いと言われていたのは昔の話です。
今ではそんな面影もなく高品質で壊れにくい耐久性の高いテレビを製造しています。

海外メーカーで4Kテレビを探すときは、まずハイセンスの性能を確認してから他のメーカーと比較するのをおすすめします。

ハイセンスの4Kテレビ【2023年モデル】

ハイセンスの4Kテレビ【2023年モデル】
2023年モデル
  • 最上位モデル・・・UXシリーズ
  • ハイスペックモデル・・・U8Kシリーズ
  • スタンダードモデル・・・E6Kシリーズ

2023年モデルUXシリーズ(最上位モデル)

65UX
UXシリーズ(65UX
65UX
出典元:amazon.co.jp

ハイセンスの2023年モデルUXシリーズは前年モデル(U9Hシリーズ)よりも約150%明るい画面で細やかな表現が向上しました。

それにより目で見たリアルな表現が可能になりました(Mini LED X/量子ドット)

出典元:amazon.co.jp

更に最大82Wの大迫力スピーカーを搭載しています。

それにより低音はもちろん中高音もしっかりと表現します(10スピーカーシステム)

10スピーカーシステムとは

低音域から高音域まで幅広い音域を表現できるスピーカーを搭載しています。

搭載スピーカー

  • フルレンジスピーカー×2 / サイドスピーカー×2
    低音域から高音域までをカバーするスピーカー
  • ツイーター×2
    主に高音域を担当するスピーカー
  • ウーファー×2
    主に低音域を表現するスピーカー
  • イーネブルド×2
    音を天井や壁に当てて反射させることで立体的な音響効果が期待できるスピーカー
出典元:amazon.co.jp

また、3D音響システムのDolby Atmosに対応しているので臨場感あふれる立体的なサウンドが楽しめます。

このようにハイセンスの2023年モデルUXシリーズは有機ELテレビに匹敵するほどの高画質な映像表現が可能で奥行のある映像が楽しめます。

また国内最大級のオーディオビジュアル機器のアワードVGP2024を受賞している優れた4Kテレビです。

UXシリーズは高画質・高音質に加えて、安心の3年保証が備わった最上級モデルです。

項目詳細
型番65UX
65UX
サイズ75V型
65V型
発売日2023年5月18日
参考価格259,090円(税込)
高画質
HI-VIEWエンジンX搭載
低反射倍速XDRパネル
高音質
10スピーカーシステム
Dolby Atmos
ネット動画
あり
ゲーム機能
あり
保証期間3年間
\最大10%ポイントアップキャンペーン!/
Amazonで見る
\ポイント最大11倍!/
楽天市場で見る

2023年モデルU8Kシリーズ(ハイスペックモデル)

55U8K
U8Kシリーズ(55U8K
出典元:amazon.co.jp

先ほどのUXシリーズの下位モデルに該当するU8Kシリーズは滑らかな映像を映し出す倍速パネル、明暗のメリハリを表現するMiniLED×量子ドット搭載されています。

出典元:amazon.co.jp

また左右のスピーカーに加えてサブウーファーを搭載しているので低音を響かせ臨場感あふれるサウンドを表現します。

こちらのU8KシリーズもDolby Atmos対応モデルです。

項目詳細
型番55U8K
55U8K
サイズ75V型
65V型
55V型
発売日2023年5月18日
参考価格127,600円(税込)
高画質
HI-VIEWエンジン搭載
ADSパネル
高音質
3スピーカーシステム
Dolby Atmos
ネット動画
あり
ゲーム機能
あり
保証期間3年間
\最大10%ポイントアップキャンペーン!/
Amazonで見る
\ポイント最大11倍!/
楽天市場で見る

2023年モデルA6K/E6Kシリーズ(スタンダードモデル)

43E6K
E6Kシリーズ(43E6K

こちらはハイセンスのスタンダードモデルA6K/E6Kシリーズです。

先ほどのUX/U8Kシリーズと比べてグレードは劣りますが、価格を抑えたスタンダードモデルです。

また上位モデルにはない幅広いサイズ展開を行っているので43V型、50V型の4Kテレビをお探しの人には最適なシリーズです。

ちなみにA6KシリーズとE6Kシリーズの違いは以下の点です。

A6KとE6Kの違いは何?

A6KとE6Kはどちらも同じスペックですが、販売方法が異なります。

  • A6K・・・主に家電量販店で販売
  • E6K・・・主に通販サイトで販売

このようにモデル名を分けることで販売集計を取り今後の販売戦略に活かされています。

ちなみにこのような手法は他のメーカーでも行われています。

稀に家電量販店モデルも通販サイトで見かけることもありますが、どちらも同じスペックなのでセール状況を見て安いほうを選びましょう。

項目詳細
型番43E6K
43E6K
サイズ75V型
65V型
55V型
50V型
43V型
発売日2023年11月10日
参考価格63,454円(税込)
高画質
HI-VIEWエンジンLite
HDR10 & HLG対応
高音質
ネット動画
あり
ゲーム機能
あり
保証期間3年間

ハイセンスはどこの国のメーカーなのか?東芝REGZAとの関係

ハイセンスは中国山東省青島に本社を構える家電メーカーです(1969年設立)。

1979年にテレビ工場が設立され当時の松下電器産業(現在のパナソニック)からテレビの生産設備を導入して以降、中国トップクラスのテレビメーカーへと成長しました。

2010年に日本法人(ハイセンスジャパン株式会社)を設立し、日本でも本格的にテレビの販売がスタートされました。

その後はエアコン、冷蔵庫、洗濯機などの白物家電も販売されるようになりました。

そして、ハイセンスの転機が訪れたのは、2017年11月に東芝映像ソリューションを買収したことにより東芝REGZAの技術を活かして更に高品質なテレビを低価格で販売されるようになりました。

それにより日本国内の家電量販店では国内メーカーの売上低迷を懸念して店舗ではハイセンスの取り扱いを行っていない家電量販店も見られます。


このようにハイセンスは中国メーカーではありますが、東芝REGZAの技術を活かして高画質・高品質はもちろんのこと、低価格で販売されています。

最近では前回大会に続き2022年FIFAワールドカップ・カタール大会の公式スポンサーを務めるなど、世界でも認められる企業へと成長しています。

ハイセンスのテレビは壊れやすい?まとめ

サウンドバーモデル

今回はハイセンスのテレビを使用している方々に不具合や故障についてアンケート調査してみました。

ハイセンスのテレビは特段壊れやすいということはなく高品質なテレビを販売しています。

また不具合があっても3年間のメーカー保証が備わっています。

ハイセンスは2018年以降、東芝REGZAの技術を活かして高品質なテレビを開発しています。

海外メーカーの中でも高画質の4Kテレビならハイセンス、コスパ重視ならTCLというように特色が分かれています。

今回紹介したハイセンスの2023年モデルはシリーズによってスペックが異なります。

  • 最上位モデル・・・UXシリーズ
  • ハイスペックモデル・・・U8Kシリーズ
  • スタンダードモデル・・・E6Kシリーズ

最上位モデル/ハイスペックモデルの高性能は当然ですが、スタンダードモデルでも2024VGP金賞、2024VGPコスパ大賞に輝くなど優れたモデルです。

この機会にぜひハイセンスの高性能テレビをチェックしてみてください。

項目詳細
型番43E6K
43E6K
発売日2023年11月10日
参考価格63,454円(税込)
高画質
HI-VIEWエンジンLite
HDR10 & HLG対応
高音質
ネット動画
あり
ゲーム機能
あり
保証期間3年間
Amazon キャンペーン開催中!

Amazon 最大10%ポイント還元

amazon_sale
合計10,000円以上の買い物を対象にポイント還元率がアップ!
2024年6月24日(月)23時59分まで
キャンペーン詳細ページを見る

記事の執筆者(藤岡秀樹)

保有資格 
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
日本FP協会 AFP 登録
AFP
日本FP協会ホームページ

プロフィール

家電製品に詳しいファイナンシャルプランナー。
耐久性や省エネ性能を第一に、コスパの高い商品を選択し執筆しております。
物価上昇に伴い家電製品の価格も変化しています。
無駄を省いたお買い物ができるよう、お手伝いできれば嬉しいです。

  • 本サイトで紹介しております商品・サービスは企業を代表する意見ではございません。
  • 商品・サービスの詳細は各通販サイト等でご確認ください。
  • 本記事は作成日、または更新日現在のものになります。
  • 更新日以後に、商品・サービスの内容が変更される場合がございます。
  • 商品・サービスの価格は更新時点での金額を入力しています。

気になる家電を
\ CLICK!! /

空調・季節家電エアコン、移動式エアコン、扇風機など

エアコンのアイコン
エアコン
Air conditioner
移動式エアコンのアイコン
移動式エアコン
Portable AC
扇風機のアイコン
扇風機・サーキュレーター
Fan
オイルヒーターのアイコン
暖房家電
heater

テレビ、オーディオ
液晶テレビ、スピーカー、イヤホンなど

テレビのアイコン
テレビ
TV
チューナーレステレビのアイコン
チューナーレステレビ
Tunerless TV
スピーカーのアイコン
サウンドバー
speaker
イヤホンのアイコン
ワイヤレスイヤホン
Wireless earphones

生活家電洗濯機、掃除機、空気清浄機など

洗濯機のアイコン
洗濯機
washer
掃除機のアイコン
掃除機
cleaner
空気清浄機のアイコン
空気清浄機
air purifier
ロボット掃除機のアイコン
ロボット掃除機
robot vacuum
高圧洗浄機のアイコン
高圧洗浄機
high pressure
washing machine
布団クリーナーのアイコン
布団クリーナー
futon cleaner
リンサークリーナーのアイコン
リンサークリーナー
Rinser cleaner
布団乾燥機のアイコン
布団乾燥機
futon-dryer

キッチン家電
冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器など

冷蔵庫のアイコン
冷蔵庫
fridge
冷凍庫のアイコン
冷凍庫
Freezer
電子レンジのアイコン
オーブンレンジ
microwave
IHクッキングヒーターのアイコン
IHクッキングヒーター
Induction Cooker

炊飯器
rice cooker

電気圧力鍋
electric pressure cooker

美容家電家庭用脱毛器、ドライヤーなど

家庭用脱毛器のアイコン
家庭用脱毛器
epilator
ドライヤーのアイコン
ドライヤー
hair dryer
良かったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
好きなとこだけ読む